なとりの乗務記録

どうすればいいのでしょうか。だんだん限界ブログになりつつあるんです。

バイク初心者がバイクをなおしてみた(続編-2)

前回のあらすじ

「色々取り換えたでw」

 

今回はリヤのタイヤ交換をします。

 

購入時から山がなくそのまま走ったらアウトなレベルで(まあ走ってたが)タイヤツルツル。濡れてるとこで余裕で滑りそう。てか滑った。

しかも転倒したのかホイールが歪んでいた。交換しよう。

前回のオークションで買いまくったのにタイヤが入ってたのはこのため。

 

正直タイヤ交換はブレーキばらしたりと駆動系で死んだらいろいろマズいところしか分解しないので万が一ってことを考えてバイク屋にでも頼もうかと思ってましたが、なにせビンボー社会人なので余裕で1万円札飛ばせないしそもそもこのぼっこれバーディーくんに金かけてられないので自力交換を決意。さあどうなるか。

 

とりあえず引っ張り出してきておもむろにチェーンカバーを取り外す。

f:id:natorin2398:20170220212352j:plain

まじまじ見ると構造は簡単。まあ原動機付自転車っていうくらいだし。自転車。

 

f:id:natorin2398:20170220212518j:plain

アクスルシャフトという軸を外すために割ピンチェーンアジャスタのナット、ワッシャーを外し、反対側に回りブレーキワイヤートルクリンクというマフラー下の板も外す。

ちなみに全部外さないとシャフトが外れてもタイヤが引っ掛かります。

 

そして真ん中のシャフト止めているナットを14㎜のメガネレンチで回す…

あれ?空回りしてる?

よく見たらアクスルシャフトの反対側が穴だけあいててレンチが使えないタイプ(後ほど出てきます。)だったのでそこらにあった六角レンチをぶっ刺して回り止めに。最悪レンチは壊れてもいいのにしましょう。それか専用工具でも使うか。

 

シャフトのナットが緩んだところでチェーンアジャスタのナットを回そうとするもまたもや事件が。

 

22㎜の工具がない。あるのはモンキレンチだけ。

ソケットレンチはシャフトが邪魔で入らない。

 

なんでかもらった工具にも22㎜だけピンポイントでなく、工具屋に飛んでって22㎜のディープソケットを購入。540円。

 

早速買ってきたディープソケットでえいやと回してアジャスタは攻略。これでアクスルシャフトが抜けるはず。

f:id:natorin2398:20170220213652j:plain

最後ハンマーでぶっ叩いてレンチもって引っこ抜けた。

 

少しゆするとスプロケットからホイールが外れるはず。

f:id:natorin2398:20170220214631j:plain

リヤスイングアームとブレーキの間に入ってるスペーサーをぶっ叩いて外してからタイヤを抜くといいかもしれない()

 

外したついでにブレーキの残りも確認。

f:id:natorin2398:20170220214902j:plain

かなり残ってる気がしたのでそのまま新しいホイールにガバッとはめる。

 

交換したタイヤと今までのタイヤ。

f:id:natorin2398:20170220220033j:plain

よくこれで走ってましたね…私も前のオーナーさんも。

 

そして新しいホイールをはめたら逆の手順で組み戻す。

ブレーキは最後まで戻さない方がいいかも。

ここでチェーンの張りがちょうどいいように調整しながらアジャスターに位置を決める。

ずれてるとなんかこう…ね。

f:id:natorin2398:20170220213937j:plain

すっきり組み戻したらブレーキを戻して、エンジンかけて、1速入れて、回してブレーキの調整を。

効かなかったりなんてことがないようにじっくり。

 

それが終わったら最後にチェーンカバーの交換に。

f:id:natorin2398:20170220215809j:plain

下が前回塗ったので上が買ったもの。

結局違和感ありまくりだったので交換。

f:id:natorin2398:20170220215939j:plain

なんか色が微妙に違う。

まあレストアっぽくていいじゃん?銀よりはましかもしれない。

 

これでタイヤ交換は終わったので試運転。

ついでに一眼でパシャリ。

f:id:natorin2398:20170220220346j:plain

 

なんかスクーターとかとは違うかっこよさがある気がする。

仕事で使うわけでもないのになんかもうどこでも行けそう。

 

昭和末期から走り続けて30歳は越えてるであろう2ストバーディーくん。平成の次の時代まで頑張ろうね。

 

次回は…キャブレターかな?(これ以上調子が悪くなったらだけど。)