なとりの乗務記録

どうすればいいのでしょうか。だんだん限界ブログになりつつあるんです。

オタクがまたバイクをなおし始めた(3)

驚くことに今回でこのシリーズも終わりです。

思ったより早かったです。

 

というわけで前回のあらすじ

「直して動かしたらまた直す箇所が増えたぜ」

 

 

前回の最後に買っていたスピードメータが届きました。

一緒にパーツカタログも購入し、分解時の部品位置確認用にします。

このパーツカタログ、ちゃんと世代を確認して買わないと部品違うとかになるので結構大事です。

f:id:natorin2398:20180705205008j:plain

 

早速スピードメータを交換するためにハンドル部を解体。

なんかレギュレータが変なところについてるせいで必要以上にめんどくさい。

f:id:natorin2398:20180705205526j:plain

 

上が外した壊れてる(と思われる)スピードメータ、下が交換するメーター。

交換するメーター、距離がリセットされてました、新車気分です(?)

f:id:natorin2398:20180705205717j:plain

元通りに組みつけ。組みつけたら早速試運転してメーターが動くか確認します。

f:id:natorin2398:20180705205744j:plain

 

「メーターが動かない」

 

こうなると原因はもうこれしかありません。

 

スピードメーターワイヤーが死んでる。

f:id:natorin2398:20180705205148j:plain

というわけで社外品を購入。1000円以下なのは超お得です。金がないので。

 

交換となるとまたもや分解。

30年物のボロケーブルを引っこ抜いて交換するだけ、なのですが、

これだけで2時間苦闘しました。

ハンドルと泥除けのワイヤー通す穴に入らない、買ったケーブルが純正より太いせい。

f:id:natorin2398:20180705205818j:plain

ウンウン言いながら写真だけは撮ってる謎さ。

結局泥除けの通す部分を若干カッターで切って幅を広げて通すことに。めんどくさかった。

 

f:id:natorin2398:20180705205844j:plain

配線の取り回しなんかも苦労。めんどくさ。

 

そうこう言いながら取り付けは終わったので再度試運転。

今度は動きました。

これで動かなかったらキレてました。多分。

 

 

f:id:natorin2398:20180705205909j:plain

動けるようになって、おまわりさんにも怒られないようにちゃんと整備したのでナンバー取付。ナンバーフレーム欲しいかもですね。

 

6/26日にやってきたミント号。

実質3日で走れるまでにレストアできました。

 

完成記念に一眼レフでパシャリ。

f:id:natorin2398:20180705210004j:plain

今のスクーターとは違った面白い形してますね。時代ですかね。

30年以上前のバイクだってちゃんと直せば乗れるって、日本の技術は本当にすごいですね。

 

 

ちなみにこのミント号、後輩に渡すことになってます。そのためのレストアなのでした。

とはいえ多分メンテとかするだろうしなんだかんだで乗る機会はありそうなので今のうちに少し楽しんでおこうと思います。

 

今回の購入品

ミントパーツカタログ…1420円(送料込)

スピードメーターワイヤー…990円(送料込)

 

 

最後に今回のレストアでいくらかかったのか雑に計算。

車体…5000円

送料…6700円

部品代…6900円

 

計…18600円。

 

 

2万円以下でバイク1台直しちゃいました。

車体代が異常なほど安いせいだとは思いますが。

 

…もう1台やりたいな!!

 

以上です。