なとりの乗務記録

どうすればいいのでしょうか。だんだん限界ブログになりつつあるんです。

はじめての れんたかー

イカーを所持しているのでレンタカーなどそんなものだと高を括っていたら、

 

 

スタッドレス買ってないのに青森に行く急用ができてしまいました。

 

で、知り合いの人に頼んでレンタカーを借りたのですが。

 

 

初めてのレンタカー。

 

外車です(分かってたけど)

 

 

f:id:natorin2398:20181127205507j:plain

借りたのはボルボ  V40 T3という車種。

スウェーデン製のハッチバック。まずこんなのがレンタカーにあるのが驚きです。

 

スカンジナビアらしい端正な美しさを感じると謳っていますが。

激しい同意しかありません。日本車だけの人生では到底味わえないもの。

 

 

そして翌朝。

青森へとこの車で向かいます。

f:id:natorin2398:20181127210914j:plain

東北道紫波SAにて。

 

まず高速での安定感がすごい。どっしりとした感じ。

とても1500㏄ターボだとは思えないほどのレスポンスの良さ。

自動追尾クルーズコントロールでアクセルにもブレーキにも足をかける必要がほぼない。

車線逸脱防止機能もついてて、ラインに近づきすぎればハンドルが振動して知らせてくれる。

 

自動車の進化に、外車の良さというのもとても感じられました。

 

f:id:natorin2398:20181127211258j:plain

青森市内にて。

 

青森はもう雪化粧。スタッドレスがなければ大変なことになります。

 

市内も走り回りましたが、6速ATのレスポンスの良さが目立ちます。

出だしさえなんとかなれば、もうスイスイと加速していく。

車幅も1800㎜なので極端に路地でビビらなくて済みます。

 

 

f:id:natorin2398:20181127211729j:plain

コクピット。運転席というよりコクピット。もう日本車乗れないわ。

ハンドル。とても持ちやすい。クルコンとか操作系も使いやすく。

シートもそう。リクライニングがダイヤルでなければよかっただけです。

メーターも液晶。日本車と同じようにいろいろ出ました。出せました。

 

 

f:id:natorin2398:20181127212018j:plain

帰り際にリアを撮ってないのを思い出して撮影。

 

リアがボルボのそれで感動してました。

 

 

もうすごいの一言でした。ボルボめっちゃ欲しくなりました。

日本車以外にも積極的にのって試してみるのも大事だってわかりました。

 

 

 

 

ちなみに肝心の日本車、私のブルーバードシルフィですが。

コンピューターが壊れました。

また入院です。点検出したら壊れるのなんなんだ。

 

 

以上です